新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

近所の人たちには介護職員であることをバラそう


スケッチ (41)介護職員は、近所に『私は介護職員やってます。介護問題は私にご相談ください』と言いましょう、という話です。

 今、介護の魅力をアップしようとか、イメージを変えようとか言ってますが、肝心の現場の職員が自分の仕事に誇りを持てないようでは、どんなイメージアップもウソか大げさになるだけです。

 

そこで提案です。

 

誇りを持ってから、自信を持つのではなく、誇りを持てるようになるために、自分が介護をやっている、ということをまず発信してはどうでしょうか。

 

もしかするとご近所さんから、相談がくるかもしれません。
介護保険法やケアマネージメントを知らない施設職員もたくさんいますが、頼られてからの方が、勉強できるものです。

 

たぶん、ご近所さんの介護問題を解決に導く過程の中で、法律的なものや、相談援助を体験できるでしょう。

 

そこで初めて、利用者からの『ありがとう』だけでは得られない、本当の意味でプロとして役に立つ実感が湧くかもしれません。
それが誇りになって、自分の施設での姿勢に変化が生まれると思うのです。

 

だから、介護職員をやっている人は『私は介護職員をやっています!介護問題は私にご相談ください!』と言うことから始めてはどうでしょうか。

 

仕事に対するプライドはそうやって作れられるのかもしれませんよ。
まずはご近所に発表しましょう。
うっしっし

 

知野吉和

 

 
★1月22日時間未定・知野塾iN大阪
★1月23日18時〜北九州市・職場の相性診断セミナーIN(株)つなぐ様(デイサービス)
★1月25日13時〜福岡市・お客様とスタッフとお金が集まる施設づくりセミナー
※フェイスブック『ちのよしかず』で探してね
 
 

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新潟の介護転職