カテゴリー: 介護施設と介護業界

介護職員の成長モデルと指導ポイント

新人育成からリーダー育成まで、悩んでいる方に、答えを教えます、という話です。   ①しつけ段階 これは、日本人として、親子関係や、仕事に来る前に本来備わっているべきレベルです。 外国人を馴染ませようと思ったら、ここの教育 […]

近所の人たちには介護職員であることをバラそう

介護職員は、近所に『私は介護職員やってます。介護問題は私にご相談ください』と言いましょう、という話です。  今、介護の魅力をアップしようとか、イメージを変えようとか言ってますが、肝心の現場の職員が自分の仕事に誇りを持てな […]

家庭的なのか、サービス業なのか。。

その場に応じて言葉を都合良く使い分けてんじゃねーよ、という話です。   あるシーンでは、お客様なんだから、接客なんだから、サービスなんだから、とカッコ良さを求めてみたり。 あるシーンでは、在宅なんだから、家にはこんなもの […]

10月16日。広島県福山市。通所ケア研究会

【11月16日IN福山!ぜひご参加ください】 去年はこちらに参加させていただきまして、多くの方と出会い、お友達も、お仕事も増えました! お友達、または、お仕事を増やしたい方はぜひ、ご参加ください。   なんと、僕に直接連 […]

社会で生きるということは意地悪と向き合うこと

人間関係の問題は、ほとんどが八つ当たりですよ、という話です。   どの業種でも、退職、離職の理由の上位は、人間関係です。   人間関係が良くならない理由は、その中に意地悪な人がいるからです。   意地悪な人は仕事とは関係 […]

経験年数だけでは何の自慢にもならない

経験年数が長いからといって、技術が高いわけではないよ、という話です。 車の運転がまさにそうですが、運転歴が長いから運転が上手いとは限りません。 介護技術も同じです。 経験年数があるから、介護技術が高いわけではないのです。 […]

強がるから疲れるのです

やせ我慢、背伸び、平気なふりをして生きると、いづれ、よくわからない疲れが来ますよ、という話です。 とある、非行少年、非行少女に対するカウンセリングの学びから、気づいたことです。 非行に走る理由は、居場所がないから、さみし […]

子どもだから夢や理想を語るのです

理想論者は心理的に子どもなんですよ、という話です。   特に介護現場は理想論を振りかざす人が多くて困ります。 尊厳だの、自立だの、介護とは、とか、カッコいいことを言えばイイと思っている輩がいます。   それがリーダー、管 […]

良い施設とは看護と介護が仲良しであること

看護師が介護職員と仲良くしている施設は良い施設です、という話です。 先日、福岡でセミナーだったのですが、そこで出会った看護師の皆さんがステキでした。 いちばんお話をしたかった看護師さんとは結局お話ができず、心残りでしたが […]

新潟の介護転職