新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

泣けばいいのに笑う人


93D1FC42-F9DE-4526-9424-4B1179B611F7
育ちが悪いと感情の出し方が下手になるんですよ、という話です。
 
・私ってばかなんですよねーと言いながら笑う人
・本当は恨んでるのに、感謝する人
・ムカついてるのに、反省する人
・良いことがあると、不安になる人
・騙されてるとわかってて乗っかる人
・嫌いな人に好かれようとする人
・バカにされて笑う人
・ショックなのに平気なふりをする人
・悲しいのに笑う人
・笑うところなのに怒る人
 
そして
これは育ちのせいです。親が悪いんです。
というと、『親のせいじゃない!!』と、自分をさらに責める人。
 
自分を責めて解決した気分になってるかもしれませんが
隠した恨みは、自分の心を壊していきます。
 
自分が何を感じているのか、わからなくなるのです。
自分の感じ方に自信がなくなるのです。
 
そしてなぜか逆の感情を出すようになるのです。
 
ムカついたらムカつく
嬉しかったら喜ぶ
面白かったら笑う
悲しかったら泣く
素直に表現すればいいのにね。
その裏には、私のことで、周りに迷惑を掛けたくないから、とか
私のつまらない話に周りに騒いでもらいたくない、とか
私の感じたことが、人と違う感じ方だったらどうしよう、とか
いろんな葛藤もあるんですよね。
 
そうやって生きづらくなって、付き合いづらくなって
ウソの人間関係の中で満足したフリをして
自分を幸せだと思い込んでいくのです。
 
苦しめ苦しめ苦しめ苦しめ苦しめ!
もっとおれを楽しませてくれーーーーーーー!!!!
うっしっし
 
知野吉和

About the author

2 thoughts on “泣けばいいのに笑う人”

chino へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こまち介護転職 無料申込みフォーム

最近のコメント