新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

愛とは時に厳しいもの


タイトルなし

あなたのためを思って、、は良くないよ、という話です。

特に親密な関係になるほど、そういうことが起こります。
自分の大切な人が失敗したり、間違った方向に行くのがわかっていれば、助けたくなります。

人の成長には必ず失敗があります。
助ける側の人たちも、失敗を繰り返したから、成長したのです。
もう、同じような思いをしたくない、愛する人にもさせたくない。
たぶん、そういう想いが動機になって、人助けが始まるのだと思います。

助けを求めていない人が助かったら、そこに反省も感謝も生まれにくいと思います。

助ける側も、せっかく自分のパワーを使ってるのにスルーされたらパワーの無駄遣いです。
『私は感謝されなくてもいいの』とか言ってるのはまた別の心の問題があるので
こういう『無償のような愛』は負のスパイラルをうみます。

失敗→反省→成長→感謝→失敗→反省→成長→感謝

なので、失敗するとわかっていても、次の成長につながると思って見守るのも大事なのです。
だから1回や2回や3回の失敗でチャンスがもらえないような今の社会に成長はないでしょうね。

『このままいくとあなたは失敗してしまう』
という短期的な予想でフォローするのではなく

『あなたが成長するためにはこの失敗が必要。失敗した後、あなたは反省して、私の助けで成長する』
というくらいの気持ちで見守ってほしいものですな。
もしかしたら良い意味で予想がはずれるかもしれないし。

だから『あなたのため』という言葉は『あなたを私の思い通りにしたい』だけなんです。

『あなたのため』は『あなたの生き方ではダメ』『あなたの考え方はダメ』という否定なんです。

愛とは時に厳しいものなのです。
取り返しのつかないことを経験して気づく成長もあるのです。

要するに、困っていることを自覚することが大事なのだと思います。
愛してるからといって何でも許されると思ったら大間違いなんですよ。
人助けが全部正しいと思ってんじゃねーよ。

うっしっし

知野吉和

 

★10月2日IN大阪セミナー開催します!申し込みは直接私に!

https://www.tsuusho.com/establishment/

 

★10月4日13時から知多駅近くでシークレットセミナー

※告知してる時点でシークレットじゃないですけどねw


About the author

2 thoughts on “愛とは時に厳しいもの”

  1. 今回も今の自分に響くブログでした。優しくする事が全てでない。ですね。自分のエゴを押し付けない方が良いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

こまち介護転職 無料申込みフォーム

最近のコメント