新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

忙しいときにこそ大切にしたい【3E】


元気がなくなっている利用者に対して
色々なアプローチをしていこうって
考えることがあります。あると思います。

 

でも。

 

忙しくてなかなかできませんよね。
忙しいからって対応しきれていませんよね!?

 

これは「卵が先か、鶏が先か」的な問題で

 

利用者が元気がなくなるから忙しくなるのか
忙しいから利用者の元気がなくなっていくのか

 

みたいなもんでしょうか(笑)

 

でもね。

違うんですよ。

 

職員が忙しかろうが大丈夫なときもありますし
のんびりしてても穏やかじゃないことがあります。

 

やっている仕事は同じはずなのに、何故か落ち着かない。
いつもと変わってないはずなのに、機能低下がとまらない。

 

そうかと思えば。

 

やってる仕事は同じなのに、なんだか穏やかな空気が流れてる。
いつもと変わっていないはずのに、よく体が動いてくれる。

 

そういうことってありますよね。

正直な話、その原因って関わる職員が…(以下自粛www)

 

…。

 

【3E】って知ってますか?

 

…知りませんよね。僕が考えたんですもん(笑)

 

E…笑顔

E…会釈

E…Eye Contact

 

です。

 

どんなに忙しかろうが、自分のテンションが低かろうが、
プライベートで何があろうが、やる気を失っていようが
相手に対して行っていくべき大切なアプローチです。

 

正直な話。

 

この部分がちゃんとできている日は穏やかな空気が流れ、
これをちゃんとできていない日は雰囲気が悪くなります。

 

かなりの確率でそうなるものです。

 

特に後者のほうは顕著に結果が出ます。

 

仮にすぐにはそういう状態にはならなくても
廃用症候群のようにじわじわと雰囲気が悪くなり
気付いた頃には取り返しのつかない状態になってます。

 

この【3E】がちゃんとできていないってことは

 

利用者の前を素通りしてしまう

目が合っても立ち止らない

そもそも目を合わせない

訴えかけるような視線をスルー

職員とのほうが会話している

 

ってこと。こうやって文章にするとかなり印象悪いでしょw

 

それが毎日毎日続いたとしたらどうなっていくでしょう?

 

逆に【3E】がちゃんとできている日って

 

素通りしない

目が合えば立ち止まって笑顔や会釈

目配りが利いている

訴えかけるような視線にすぐさま気づく

職員との私語を長引かせない

 

そういった日です(笑)

 

ね。絶対にその違いって現れます。

 

現に心当たりありませんか?

 

この【3E】。

 

実は無意識でできている職員がいます。

 

やっている仕事は皆一緒のはずなのに
その人が勤務の日は何故か穏やかな空気が流れる。

 

そういうタイプの人です。

 

そして実は逆パターンの人もいます(笑)
(あえて言わないことにしますが…)

 

無意識でできている人はホント才能の持ち主です。

きっと意識しないとできない人のほうが多いでしょう。

 

E…笑顔

E…会釈

E…Eye Contact

 

こういうことって意識しながらやっていかないと
なかなかできないものですから。特に忙しいときは。

 

もしも相手が自分のほうに視線を向けていたら…
もしも相手が話しかけてほしいと思っていたら…

 

素通りするのは無視していることと同じです。
それは相手の存在を認めていないことと同じ。

 

そんな場所が居心地良いだなんて
どう考えても思えませんよね。

 

忙しかったり、自分の与えられた業務あったりすると
どうしてもできない、忘れがちになる部分だからこそ。

 

E…笑顔

E…会釈

E…Eye Contact

 

これを意識してやっていただけたらと思います。

時間をかけないながらも

「私はあなたのことを気にかけてますよ」

っていうメッセージになるんですから。

 

介護短歌

忙しく
時間かけれぬ
ときにこそ
意識を向けて
相手を認めよ

 

無意識でできてる職員のモチベーションが下がり
やる気をなくすと、現場は散々になります(泣)

 

無意識ながらもちゃんと対応してた職員がその日を境に
利用者の訴えるような視線をスルーしていきますからね。

 

効果は絶大ですw

 

が。当の本人は意識していないので
それを見て尚更テンション下がります。

 

半分は自分が原因だってことを分かってない。

 

というより。

 

その気配りに疲れるから気力なくすんだろうな…。


About the author

新潟の介護転職

▼TKGホームページ

TKGホームページ

▼TKGブログ

TKGブログ

▼You Tube たなかいご

You Tube たなかいご

▼セミナーの依頼はこちらから

セミナーの依頼はこちらから