介助と彼女の違いを考える。


持ち上げないほうがいいのが介助

持ち上げたほうがいいのが彼女

 

服を脱がしていくのが介助

服を脱いでくれるのが彼女

 

 

介助 → 拒否

彼女 → 女子

 

介助をしていく中で年寄りが活発になる

彼女としていく中で腰ふりが活発になる

 

 

疲れるのが介助

突かれるのが彼女

 

技術を持って失禁を防ぎたいのが介助

テクニックで失神させてみたいのが彼女

 

 

食事の介助

熟女の彼女

 

間違った介助をしていたら腰痛になりましたw

毎日彼女としていたら腰痛になりますたwww

 

 

口をはさみたくなるのが介助

乳にはさみたくなるのが彼女

 

ケアの在り方を問いかけるのが介助

ヘアの生え際に吐息をかけるのが彼女

 

 

介助の導入

彼女は貧乳

 

入院によって介助の仕方が変わってしまう

乳輪によって彼女の見方が変わってしまう

 

 

工夫を加えるのが介助

股間を咥えるのが彼女

 

ご飯をセッティングするのが介助

股間をペッティ〇グするのが彼女

 

 

一部介助

いい恥部彼女

 

介助 → 座位姿勢

彼女 → 座位射精

 

 

紙パンツを交換するのが介助

神パンツで股間をこすってくれるのが彼女

 

本人の力を活かしていくのが介助

イカせてくれるのが彼女

 

 

介助 → 外出

彼女 → 中出し

 

潜在力を引き出す介助

センズリだけでイキ出す彼女

 

 

潜在力を引き出す介助

 

(田中さんごめんちゃいw)

 

 

 

え~

 

介助とかけましてぇ、彼女と説きます。

 

 

その心は

 

始めてのときは優しく触れるものですが、
時が経つと扱いがいい加減になっていきます。

 

つまり、どちらも関わりが大切なわけですが、
かといって依存しすぎると自立できなくなるでしょう。

 

えろえろいろいろ難しいですね…(泣)


About the author