新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

第33回介護福祉士国家試験47


こんにちは(*^-^*)

介護職の待遇がさらに上がるといいなと感じます!先日法人さんから依頼された介護福祉士国家試験対策に行ってきました!受講生の方々も真剣に受けてくださり、こちらもあっという間の時間でした!ぜひ合格を期待しています!

 

 

では問題です!

【問題47】

利用者の状態に応じた清潔の介護に関する次の記述のうち、最も適切なものを1つ選びなさい。

1 乾燥性皮膚疾患がある場合、弱アルカリ性の石鹸で洗う。

2 人工透析をしている場合、柔らかいタオルでからだを洗う。

3 褥瘡がある場合、石鹸をつけた指で褥瘡部をこすって洗う。

4 糖尿病性神経障害がある場合、足の指の間はナイロンたわしで洗う。

5 浮腫のある部分は、タオルで強く押し当てて洗う。

 

 

 

 

 

設問ごとに解説していきます!

1:×

弱酸性の石鹸を使います!ビオレUの「弱酸性ビオレ♪」で覚えましょう!

2:〇

人工透析をしている場合は、皮膚の表面の水分が減少し乾燥しやすくなります!皮膚を保護するために、柔らかいタオルで洗います!

3:×

こすらないように洗います!

4:×

足の感覚が鈍くなり、傷やけがなどに気づきにくいです!足に潰瘍や壊疽が起こりやすいため、ナイロンたわしは使いません!

5:×

浮腫の部位は皮膚が伸びているためタオルを強く押し当てて洗うと皮膚が損傷します!


About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です