新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

第30回介護福祉士国家試験120~122


こんにちは(*^_^*)今日は学生が年内最後の登校日で、クリスマス会を行いました!みんな笑顔で楽しんでてよかったです!2年生は国家試験合格、1年生は進級に向けて頑張りましょう!

 

 

 

 

では次の事例です!

 

(総合問題3)

N市に住んでいるDさん(64歳、男性)は38歳の時にバイクで事故を起こして、第6頸髄節まで機能残存の頸髄損傷となった。上肢の筋力向上と可動域の確保のためにリハビリテーションを行ったが、手関節は拘縮して、スプーンを握ることはできなかった。また、夏になると障害の特性から体調が悪くなることを自覚していた。施設への入所も考えたが、家族と共に暮らすことを選んで、N市の居宅介護、重度訪問介護、地域生活支援事業の移動支援等の障害福祉のサービスを利用して生活していた。最近、Dさんは元気がなく沈んだ様子である。心配したE介護福祉職が、「最近、元気がないようですが、何か心配ごとでもあるのですか」とDさんに聞いた。Dさんは「65歳になると介護保険のサービスに移行して障害福祉のサービスが利用できなくなるのではないか」、特に「趣味の映画を映画館で見るための移動支援のサービスを利用できなくなるのではないか」と心配していた。

 

 

【問題120】

Dさんの夏の体調悪化を予防する対応として、最も適切なものを1つ選びなさい。

 

1 冷房設備のある部屋で過ごすように勧める。

2 清潔な空気を入れるように、時々換気することを勧める。

3 気温が上昇したら、なるべくベッドで休息することを勧める。

4 日中仮眠をとることを勧める。

5 食べやすいものを食べることを勧める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頸髄損傷の方は「発汗障害」があります!自分で体温調節ができず、発汗されず、体内に熱がこもり、うつ熱が起こります!では解説していきます!

 

1:〇

発汗障害で自分で体温調節ができないため、室内の室温調節が必要になります!

 

2:×

空気の入れ換えも必要ですが、夏の体調悪化の予防にはつながりにくいです!

 

3:×

気温が上昇しても室温を調節すれば必ずしもベッドで休息する必要はありません!

 

4:×

日中仮眠をとることで夜間睡眠が確保できないこともありますし、夏の体調悪化の予防につながるわけでもないです!

 

5:×

食べやすいものよりも、食べたいものを食べることが大切ですし、食欲が低下していることもないです!

 

 

 

 

 

 

 

【問題121】

入浴時にかけ湯をする際、Dさんがお湯の温度を感じられる部位として、正しいものを1つ選びなさい。

 

 

1 A

2 B

3 C

4 D

5 E

 

 

 

 

 

 

 

 

Dさんは頸髄損傷があるため、四肢麻痺です!ということは、首から下にかけ湯をしてもお湯の温度は感じられないです!なので正解は「1 A」です!

 

 

 

 

 

 

 

 

【問題122】E介護福祉職は相談支援専門員にDさんの移動支援の利用について相談した。相談支援専門員がDさんに伝える内容として、適切なものを1つ選びなさい。

 

1 利用している居宅介護事業所の管理者の判断で利用できる。

2 相談支援専門員の判断で利用できる。

3 医師の判断で利用できる。

4 N市の判断で利用できる。

5 介護支援専門員の判断で利用できる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

65歳になると介護保険が優先になります!障害福祉サービスにもある居宅介護は、自宅にて介護を必要としている場合に食事や入浴、排せつの介護を行うサービスですが、これは介護保険の訪問介護と同じ内容のサービスになるので、障害福祉サービスの居宅介護の支援を受けている場合は介護保険の要介護認定が出たら障害福祉サービスからではなく介護保険の方から支援を受ける事になります!

ただ介護保険にはなく、障害福祉サービスにある支援については、受けることは可能になります!介護保険も障害者総合支援法も保険者(実施主体)は「市町村」になります!なので、正解は「4」になります!


About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です