新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

研修会で用いているパワポファイルを一部紹介


燕弥彦西蒲食支援ネットワークの高井です.

最近は嚥下障害について研修の依頼をいただくことが多く,2月は薬剤師会,3月はデイサービスで研修を行いました.

薬剤師さんと介護施設の職員さん,職種が異なればお伝えする内容も変わってきますが,どの職種の皆さんにも共通してお伝えしている内容もあります.

誤嚥性肺炎3

 

 

 

 

 

 

誤嚥性肺炎1

 

 

 

 

 

 

 

誤嚥性肺炎2

 

 

 

 

 

 

薬剤師さんへのお話は,副作用やポリファーマシーの対策への協力と連携が中心.また嚥下機能の低下した人は異なる物性のもの(水と錠剤など)を同時に処理することが難しいので,薬局窓口での早期発見についても.

介護施設の職員さんへのお話は,日常の食事介助で異常や機能の低下をすぐに察知する食事場面評価で未然に大事に至らないようにすることが中心.看取りの場を在宅や介護施設に移そうとする流れの中で,今後も誤嚥リスクの高い利用者さんが増加傾向にあり,介護保険制度も口腔・嚥下機能にかかわる加算が拡充されています.

共通してお話することは,口腔・嚥下機能の低下に起因する肺炎・窒息・低栄養をいかにして予防するかですね.私が介入している介護施設の取り組みを事例にお話しています.

2018.01.25


About the author

燕弥彦西蒲食支援ネットワーク

『燕弥彦西蒲食支援ネットワーク』とは、燕市、弥彦村、西蒲区の医療・介護・行政の多職種で地域の食支援体制の構築を目指す勉強会グループです! ホームページはこちらです.  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です