新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

特別養護老人ホームの新人職員育成におけるチームリーダーの役割


1.はじめに

 ピーエムシーの人材育成プログラムのひとつ、「新人職員100日プログラム」では、プログラム終了時に新人職員(新人)および指導担当者(指導者)、指導者の直属の上司であるチームリーダーに対してアンケートをお願いしております。

 このアンケートはプログラムの見直しに伴い、3年程前から実施していますが、アンケート結果の分析や集計をこれまでほとんど行ってきませんでした。

 新人をチームで育てるためにチームリーダーはどのような役割を担えばいいのか?少しでも参考になるような知見を得たいと思い、整理した結果を以下に記述します。

2.アンケート分析の目的

 介護現場(特別養護老人ホーム)の新人職員育成におけるチームリーダーの役割を明らかにすることです。

2.方法:

 ピーエムシーの「新人職員育成100日プログラム」実施後、チームリーダーへ記述式アンケートを行い、その結果を質的に分析しました(約50名分)。

 ちなみに、チームリーダーへのアンケートのうち、「新人や指導者にどのように関わっていましたか」「どのような工夫をしましたか」という質問への回答を今回集計しまとめています。

3.結果:

1)チームリーダーはどのような役割を担っていたか

 ①指導者へのスーパービジョン

 (教育する、メンタル面を支える、新人の能力に合わせて業務を任せる)

 ②新人職員をアセスメントし、そこから明らかになった課題を指導者・

  チームに伝える

 ③チームのメンバーに新人指導の必要性を発信し、意識づける

 ④新人にチームで関わる育成のしくみをつくる (交換日記や指導ノート)

 ⑤受け入れチームの環境調整

  (連携のための会議の提案、小チーム編成、シフト調整)

2)チームリーダーは、いつ、誰に、どのような支援が必要か

  ①指導者に対して、特に4月中のフォロー

   (初期の1か月指導者のストレスが高まる)

  ②チームに対して、新人が独り立ちする入職3~6か月後に新人への関わりを意識づける(この時期新人の不安が高まる)

4.考察と考察

 アンケートの整理をしていて感じたことは、「新人育成を支援出来ているリーダー」と「支援出来ていないリーダー」の差が、かなり大きいのかな?ということです。

 良い支援が出来ているリーダーは実際には3割くらいしかいないのではないか、と思います。多くのチームリーダーがプレイングマネジャーであり、チームを俯瞰して課題を発見する余裕がないのだと思います。

 限られた時間で如何にチームのマネジメントを行っていくのか?新人職員と指導者への支援は具体的には何をすれば良いのか?今後はもう少し丁寧にアンケートを読みこんで「新人育成をうまく支援出来ていないチームリーダー」の参考になるようなレポートをまとめたいと思います。


About the author

斎藤 洋

新潟県/研修講師/介護現場の人材育成支援/リーダー育成/新人職員育成/組織活性化  https://bookmeter.com/users/596070(読書メーター) https://twitter.com/hiroshithenet(ツイッター)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です