新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

優しさと甘やかし


image

職員教育において優しさとと甘やかしは違います。

服薬や衣類の入れ替えなど新人だから間違えてもしょうがないというのは間違いです。

利用者さんになにかあった時、新人なんでしょうがないは通用しません。

悪い言い方をすれば、家族はその施設(事業所)に預けるのであって、その施設(事業所)の〇〇さんに預けるのではありません。

『失敗はしてもミスはするな!』これは私が新人の頃に先輩に言われた言葉です。

★失敗は⇒一生懸命にやったことにより出る結果

★ミスは⇒気のゆるみによって出る結果。しっかりと準備・確認を行えば確実に防げるもの

『だから失敗をしたことがない人間は何も努力をしたことのない人間だ』ということだそうです(笑)

新人の頃は全然その意味がわからなかったけれど、今人を指導する(教育する)立場になってはじめて心に響く言葉となりました。

介護において失敗をした時(利用者さんに迷惑をかけてしまった時)

『大丈夫だよ』『お互い様だよ』と声をかけたり、『可哀そうだから』と言わないのは優しさではありません。

★なぜそうなったのか

★どうすれば良かったのか

★今後にどう繋げていくのか

悪いことは悪いときちんと伝え、落ち込ますのではなく

『良し頑張るぞ!!』と思わせることが優しさなんだと思うんです♡

 

 


About the author

Hiroko

★好きな言葉は『人とのご縁は人生の宝』 どうぞよろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です