新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

目が合ったら


最近どの介護施設でも、インフルエンザや感染症予防のため職員がマスクをしていることが多いと思います。

そのため口元は見えず、目だけが出ている状態のため職員の表情がとてもわかりにくいはずです。

『目は口ほどにものを言う』と言われるように目の動きや視線一つで印象が全然違います。

だからこそ優しい目線、目が合ったら会釈する、瞬きなどがとても大切なんです。

私たちでも目が合ってその目線をそらされたら冷たい感じや、嫌な感じがしますよね。

職員の何気ない行動や仕草が利用者さんに不安や不信感を与えないように日々の業務の中でも意識していきたいですね♡

 

 

 

 


About the author

Hiroko

★好きな言葉は『人とのご縁は人生の宝』 どうぞよろしくお願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です