新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

素直に


「素直に」

同じような話になりますが

利用者さんの本当の楽しみや目的って

いったい何だろうか?と施設を見ていて

スタッフに問いかけたくなります。

塗り絵、計算問題、漢字穴埋めがテーブルに

おいてあり、自ら手に取りしている姿。

「自分でやりたい方がとってくれます」

説明だけ聞いていたらそれはそうなんです。

ただ、それは午前中のお風呂によるフロア

スタッフの少なさから生まれたものであり

自主的というより「仕方なさ」から生まれた

行動のように感じます。

テレビはつけっぱなし、スタッフは何もせず。

結局何にもしないわけにはいかないから

それらを置いている、それしか選択肢が

ないから仕方なくしているようにしか見えず

自主性の捉え方の違いに驚きます。

ラジオ体操や◯◯体操が何回かやっているが

個別ケアとして考える内容はなく、これで

利用者の課題がクリア出来るとは到底思えない

内容。総合的に見たときに感じた違和感は

「スタッフが考えて行う内容がない」

ということでした。

体操は動画。紙媒体は印刷するだけ。

合間にするゲームは時間潰し。とにかく

みんなまとめてやる。

足りないはずのスタッフがしりとりゲームを

するときには司会以外に3人が周りに立ち、

見張るように参加する異様な光景。

人が余っているのになあと思ってしまう。

これらを指摘していくと最初に言われるのが

「利用者さんは喜んでくれてます」

「◯◯をやりたいと進んでしてくれます」

と説明されるのです。

なのでこちらから続けて話すのは、

「他に選択肢が色々あって例えばパン作り、

寄せ植え、水彩画、料理教室などがあり、

それでも塗り絵やちぎり絵を皆が選ぶと

思いますか?」

と問いかけます。すると言われるのは、

「そんなに選択肢を出すことは難しい」

「それをやるには人が沢山必要です」

このように言われる事が多いのです。

出来る、出来ないを問おているのではなく

選択肢の話、それが刷り変わっていく。

これが素直に話を聞こうとするよりも

そんな選択肢が出せるわけがないという

個人的な考えが先行する結果として出てくる

受け答えだということなのです。

そしてこのように応える方の多くは

「やったことがない」

です。つまり自分の推測で話をするのです。

しかしそれは実践をしてきている人から

したら、やりたくない言い訳にしか聞こえ

ないのです。

利用者さんの気持ちになって素直に考えて

みたら自分の推測で応える事などないはず

ですね。出来る、出来ないよりも、、、

人は感情があるから時には素直になるのが

難しいことがあります。

ただ介護サービスが誰のために、どのように

なるために使われるものなのか?を理解

していれば、答えはわかるはずですね。

利用者のためというのだから素直な気持ちで

サービスを見直してあるべき姿に気づいて

ほしいなあと思います。