新潟の介護がよくわかる 総合ガイド2017

新人にコミュニケーションは難しいです


スケッチ (1)
新人育成の段階で、『コミュニケーションやっててください』というのは、厳しいよね。という話です。
新人にコミュニケーションから始めさせる施設はたいてい新人育成計画がない行き当たりばったりか、現場任せの施設です。

新人育成で大事なのは、『作業手順を教えること』『不安を解消すること』です。

新人さんの不安は時間とともに以下のように変化します。

①私はここにいてもいいのか不安=居場所不安
これは、新人さんや実習生がよく「皆さんの迷惑ならないように頑張ります」というセリフです。清拭をたたむとか、何か単純作業をさせると以上に早くやろうとする、あの時の心理です。
要するに、みなさんの役に立つことで自分が存在できる、という思いの表れです。まずは人はここの状態から始まります。

②職員とうまくやれるかどうか不安=チームワーク不安
職場の環境に慣れると、自分の居場所を見つけます。新人さんがよくいる定位置が決まった頃の不安は、職員とのコミュニケーションの不安です。
コールが鳴ったら出てもいいのか、利用者に声をかけられたけど、普通に対応してもいいのか、その時、新人さんは職員の顔色を伺ったり、ヘルプを求めます。職場の雰囲気に合わないことをして嫌われては大変なので、まずは職員と仲良くならないと新人の体は動けないのです。

③利用者(お客様)とうまくやれるかどうか不安=信頼関係不安
職員とうまくやれて、やっと利用者との関係性が必要になってくるのです。
職員とうまくやらずに利用者とうまくやっても続かないものです。
逆に利用者に嫌われても、職員とうまくやれていれば守ってもらえるものです。
これが現実です。それでも続けられる職員は、ハイテンションか空気を読まない強い信念を持っている人でしょうね。

④私と職場の未来の不安=愚痴と不満(笑)

業務に慣れ、職場にも慣れ、利用者の状態もわかってくると、やっと組織に対するいろいろな不満や不安が出てきます。
最初は自分のことでいっぱいいっぱいなので不安よりも、やるべきことがあるので、それほど問題は出ませんが、慣れてくるといろんな不満が出るものです。
ある意味、一人前になってきている証拠ですので、まずは歓迎するべき現象です。

※就職早々職場の不満を言うのは、『居場所不安』です。強い承認欲求の現れだと思います。

新人育成は
①の居場所不安の解消をすることで、成長は早まります。作業として落とし込めることをたくさん繰り返しやってもらうことが良いようです。
②の職員とうまくやれるかどうか不安に関しては、飲み会などを早めにやること、たくさん友好的に話しかけて仲間になることで解消されます。

要するに、作業としての『準備と後片付け、ゴミ捨て、掃除』をやらせて、早めの『歓迎会』をやって、利用者との『コミュニケーション』を無理にさせないことが新人を早く育てることになります。
誰でも初対面のコミュニケーションは難しいです。
それでも新人にコミュニケーションをさせるなら、コミュニケーションの方法を指導してからにしてもらいたいです。
育成は、組織にとって大事な仕事です。現場の指導担当者に任せるのではなく、組織が計画を立ててやるものです。
現場任せにしたら現場がかわいそうですよ、という話でした。

※2年ほどまえに作成した記事をリニューアルしました。
知野吉和

About the author

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です